元プロマネが教えるIT転職に有利な資格はコレだ!

IT転職に有利な資格

IT転職に有利な資格は?

IT転職に有利な資格というのは基本的にはないです。その会社が何を重視しているかにもよりますが、それよりも実績や自分でなんのシステムを作っているかなどの方が重視されます。基本情報や応用情報くらいはもっておいても良いのかもしれませんが、資格コレクターに用のある会社は少ないでしょう。

IT業界は勉強が重要とよく言われますが、それは資格の勉強ではなくて具体的に仕事に役立つ勉強です。そのため、実際に手を動かしてシステム開発を家でもやっているような人の方が需要があります。決められた範囲での勉強よりも、自発的に何かを作るひとが好まれる業界なのです。

転職を有利に進めたいのあれば、自作でシステムを作ったり、個人で受託してみても良いでしょう。そのように何か形にし他方が良いです。そして、勉強をするのであれば、プログラミング言語やデータベース構造などが良いでしょう。テスト勉強よりは良いです。しかしやはり手を動かすのが良いので、受託がおすすめです。

未経験からIT転職、資格取った方がいい?

未経験からIT転職をするとき、資格はないよりはあったほうが望ましいです。しかし、全く関係のない試験を受けても意味がありません。仕事と関係している資格をとるようにしましょう。

ITエンジニアへの転職では、実務経験が最も重視されます。なぜなら、中途採用では即戦力が求められるからです。しかし、未経験者歓迎と書かれているような求人なら、未経験であることはそれほど不利には働きません。実務経験が重視されないのであれば、学歴や資格が重要になると考えるかもしれませんが、それは誤解です。

中途採用の人は、それまでなんらかの仕事に携わってきたはずです。コンビニのアルバイトでもよいので、その仕事を通して学んだこと、どのようなスキルを身につけたのか、リーダーとして人をひっぱってきた経験はあるかといったことをアピールしなければなりません。20代の若い人ならば、学歴もそれなりに重要になるかもしれませんが、20代後半くらいになると、一番重要なのは社会人として経験してきたことです。

IT転職で資格よりも重視されることは?

IT業界での転職で資格を取得することで有利に進めることを考える人がいますが、それは発想を変えた方が良いでしょう。ITにおいては業務に必要な資格というものはなく、どんな業務でも何もなくできます。そのため、必要なのは実務経験と、その業務に対する知識です。

またITの転職では、その人がどれだけシステム開発が好きかということが重視されます。もちろんn基本的なコミュニケーション能力は備えている前提の話です。そのうえで、なぜシステム開発が好きかが重視されるかというと、今現状のスキルを役立てるためというのもありますが、それ以上に自分で意欲的に学んでくれることを期待しているからです。それは単にテスト勉強をするというよりは、プログラミングで何か手を動かして作る人が好まれます。資格の勉強をするくらいなら、自作のプログラムを面接に持って行った方がよほど効果的です。

実務に役立つことをアピールしたいのであれば、特定のプログラミング言語で何か簡単なシステムを作成した経験でも良いです。

IT転職、資格があった方が年収アップする?

IT業界では資格についての話題はよくありますが、実際はその会社によります。全体的な傾向としては資格は重要ではないという流れです。しかし、人を開発現場に派遣するタイプの会社のなかでも、下請けの工程が特に多い会社ではむしろ取得した方が良いという流れになりやすいです。

これは転職に有利とかそういう話ではなく、ITをあまり知らない顧客からの評価が上がるためです。資格は実際のところはそれほど業務に役立たないです。間接的には概念の勉強になったりもするのですが、それならもっと具体的なプログラミング言語やデータベースの勉強をした方が良いです。

ではなぜよく知らない顧客からの評価が上がるのかというと、そこしか判断基準がないからです。持っていた方が仕事もできるような気がするということです。そうすると営業側からしても開発現場に入れやすいですし、また単価が上がったりします。

そういった意味ではもっておいた方が商品価値があがる可能性はあります。

IT系の資格以外にIT転職に役立つ資格はある?

基本的に資格は役にも立たないですし、取る意味もあまりないというのがIT業界の考え方です。なぜなら業務上勉強しなければならないことは多いので、直接的に業務に関係のない資格の勉強をしても無意味と考えるからです。

なので、ネタにできて面白い世界遺産検定や、フードコーディネイター、アロマセラピストなどはキャラが立って良いかもしれません。他には、海外進出を狙っている企業であれば、TOEICも良いでしょう。とにかく実用的かネタかのどちらかです。資格をもっていて勉強熱心さをアピールするのは、ずれた方向に努力する人だと思われる可能性もあります。

逆の立場で考えてみればわかると思いますが、役に立たないスキルをアピールしてきたり、それがあるから努力家だ、頭が良いと言われても困るのです。

特にIT業界はそこに関してシビアですし、世間的にもそういった認識が浸透してきてはいるでしょう。転職志望者も多いですし、不景気なので利益に直結しないもののアピールは無意味です。